ブログ一覧

干し柿

image191

大きな百目柿を使って、干し柿作り。
作業場の軒先で乾燥させます。

2018年11月10日

来年のために

image190

表現は若干疑問ですが、主食の基肥を散布しています。

良く吸って、明日も来年も丈夫な樹であるように。

2018年11月02日

小さなバックホーで

image189

8月に伐採したサマービュートの根を、バックホーで除いています。
小さめの機械なので周りから掘り始め、少しずつ根を取っていきます。

2018年10月31日

藁束

image188

妻の実家の稲刈り、脱穀を手伝い、稲藁をもらってきました
スモモにとっては、貴重な有機物です。

2018年10月20日

今年、最後の草刈?

image187

10月になり、涼しくなってきました。
この間まで暑かったせいか、肌寒く感じます。
基肥を撒く前の準備に、今年最後となろう草刈をしています。

2018年10月14日

台風一過

image186

昨日の台風が嘘のような良い天気です。
田には水が溜まって田植え前のようです。
風が強かったので、櫨掛けしてある稲が倒れないか心配でしたが、無事でした。

2018年10月01日

品種更新

image185

サマービュート、10年以上なのに未だ栽培技術が安定しないので、貴陽の変種で収穫時期が8月半ば過ぎの「皇寿」に切り替えるべく伐採しました。

2018年09月28日

稲刈り

image184

今日は稲刈り、朝から晴天です。
9月下旬とはいえ、作業中は汗だくです。
でも、さすがに風は、秋を感じます。

2018年09月23日

白菜植付

image183

もらってきた白菜の苗を植えました。
しっかり育つか心配なところもありますが、昨年は上手くいきました。今年も?

2018年09月06日

防鳥網収納

image181

貴陽の樹上に張ってあった防鳥網を外して、棚の柱に沿わせて収納しました。
冬に雪が降っても大丈夫です。雪の重みで棚が倒れるようなことはないと思います。

2018年08月27日

灌水

image180

13日に雨が降ってからは、晴天が続いていたので秋姫に灌水です。
水量が少ないのでスプリンクラー2箇所ですが、あと2箇所もこの後、撒きます。
たとえ少しでも、無いよりましです。

2018年08月19日

出穂

image178

稲の穂が出てきました。
これからは水を切らさないように管理していきます。

2018年08月14日

サマービュート

image177

15年前からサマービュートの栽培を始めたのですが、技術力不足なのか未だに生産性が上がらないので他の品種に植え替えることにし、伐採を始めました。

2018年08月08日

酷暑に乾燥

image176

連日の真夏日に加え乾燥のため利水施設に乏しい秋姫の園では、熟す前の果実が落果してしまいます。
台風接近による雨も、原状を回復させるまでの量にはなりませんでした。

2018年07月30日

収穫の合間に

image175

世間は明日から3連休、市場は2連休となります。
収穫が休みの間に草刈です。

2018年07月13日

夏本番?

image174

西日本では台風と梅雨前線の影響による大雨で大災害となっています。
本当にお気の毒です。

当農園では雨が通り過ぎたら、速また夏、スモモの成熟が一気に進んでいます。
サマーエンジェルは、収穫が少しでも遅れると過熟果になってしまいそうです。

2018年07月09日

夏、本番

image173

庭の百日紅の花が咲き始めました。
梅雨が明け、本格的な夏が来たと思ったら台風の影響か、戻り梅雨になりそうです。

2018年07月03日

早い梅雨明け

image172

観測史上初の早い梅雨明けで畑が乾いてきたので、灌水をしました。
明日には、本格的にソルダムの収穫を始めます。

2018年07月02日

側面の網

image171

生育が例年になく早いので、貴陽が椋鳥などの鳥に食べられないように側面の網を下ろしました。

2018年06月27日

りんご

image169

昨年台風で傾いた王林、支柱に支えられてはいますが、元気に実を付けました。
今年も虫や鳥から守るため、袋をかけました。

2018年06月17日

田植え

image168

急遽、午後から田植えを行いました。
何とか明るい内に、終えることが出来ました。

2018年06月13日

代掻き

image167

稲の苗が大きくなってきたので田植えの準備です。
昨日の雨とは打って変わった青空の下、代掻きを行うことが出来ました。
来週、田植えの予定です。

2018年06月07日

おおまさり

image165

家で仕立てた大粒の落花生「おおまさり」を畑に移植しました。
カラスに引き抜かれないように、防鳥網も張りました。

2018年05月30日

田植え準備

image164

来月中旬に田植えの予定ですが、田の草が大きくならないようトラクターでかじりました。
次は水を張っての代掻きです。

2018年05月24日

防鳥網を上部へ

image162

まだ摘果ゎ終わりませんが、防鳥網で貴陽の樹の上を覆いました。
色付き始めたら側面の網を下ろします。

2018年05月17日

摘果

image161

直径2cm程になったスモモの実を摘むんでいます。
暖かさのせいで作業が前倒しなのに、天気にも味方されず、なかなか捗りません。

2018年05月11日

稲の種蒔き

image160

例年のごとく、共同作業の農業用水路の泥上げを終えてから、育苗箱に種蒔きをしました。
簡易なビニールハウスの中で、水やりをしながら5cm程度まで成長するのを待ちます。

2018年05月03日

早まる作業

image159

気温の高い日が続いてきたので、スモモの生育も例年になく進んでいます。
1週間から2週間進んでいるように感じます。
早いものは結実が判るので、草刈をして摘果を始めます。

2018年04月25日

大根の花

image157

昨年、青大根を初めて栽培したら美味かったので、花を咲かせ種を採ってみようと思います。
ようやく一輪開きました。蕾はまだあるので、もっと咲くと思います。

2018年04月12日

久しぶりにトラクター

image156

スモモの受粉が終わり少しですが雨が降ったので、土埃が立たないのではと考え、田の耕転を行いました。
雨の量が少なかったのか、強い風が吹くと相当な土埃でした。

2018年04月09日

受粉

image155

連日の20度超え、スモモの花も一斉に開きました。
今日で全ての受粉を終えました。
昨年は寒かったのですが、打って変わった今年の暖かさ、豊作を期待しています。

2018年04月04日

花の手まり

image154

このところの高い気温で、スモモの花の開花が進んでいます。
特にサマーエンジェルは、真っ白な手まり状の花のかたまりが連なり、それは綺麗です。
手まりの下をダチョウの羽で、撫でるように受粉をしました。

2018年03月28日

花採り

image153

昨日から続く雨は長くなりそうです。
雨で寒くても花は開いていくので、昨日の午後に雨の合間に切ってきた枝を一晩おき、雨滴を除いた花をしごき落としています。

2018年03月21日

開花、いよいよスタート

image152

花粉を採るためのハリウッドの花が咲き始めました。
今日から花採りが始まり、これから農作業が本格的します。

2018年03月18日

春の息吹

image151

このところの温かさでスモモの芽も膨らみ、黄色みを帯びてきました。
根元では、雑草のオオイヌノフグリの花が一面に咲き、青い絨毯のようです。

2018年03月11日

塩山竹森の座禅草

image150

甲州市玉宮地区にある「玉宮ざぜん草公園」に行ってきました。
ここ「竹森のザゼンソウ」は、山梨県の自然記念物や甲州市の天然記念物に指定されているようです。
お彼岸の頃が最盛期ではと言うことで、まだ少し早かったようですが可憐な姿を見せていました。

2018年03月10日

ウドに籾殻の覆い

image149

白く長いウドが採れるように、籾殻でかさ上げしました。
あの香り、早く食べたいな。楽しみです。

2018年03月04日

福寿草ようやく

image148

我が家の福寿草、ようやく咲き誇り始めました。
山梨県内での頼りはかなり前からでしたが、日だまりではないためか遅いようです。

2018年03月01日

太く大きな根

image147

貴陽、太陽の樹は、弱ってきたので更新を図っています。
今まで働いてくれた大きな樹、その大きな根まで掘り起こして、新しい苗を植えました。
昨年掘り起こした3本、「20有余年・・・」感謝をしながら燃やしました。

2018年02月23日

剪定、最後の片付け

image146

剪定で落とした枝をチッパーで処理しました。
細かく砕かれた枝は、土へと還ります。

2018年02月13日

春を呼ぶまつり

image145

春を呼ぶ十日市に行ってきました。
昔と違い露天のほとんどは食べ物関連ですが、今でも伝統の甲州だるまや平林の臼なども売っています。

2018年02月11日

一通り剪定

image144

大石早生の剪定が終わりました。
これでスモモの剪定が一通り終わりました。
風邪を引いたりで、考えていた予定より遅れましたがホッとしています。

2018年02月07日

味噌造り

image143

年に一度の味噌造り。
今年は赤大豆を茹でて、つぶして、麹と塩と混ぜる。
茹でるのは、大きな釜を使います。

2018年02月06日

サマーエンジェル剪定

image142

サマーエンジェルの剪定が終わりました。
残るは大石早生だけ、もう少しです。

2018年02月03日

初雪

image141

例年より遅い初雪です。
東京より少ない5cmほどですが、枝の雪が落ちないので、今日は剪定が出来ません。

2018年01月23日

ジョウビタキ

image140

順調に進んできた剪定。貴陽が終わったところで風邪を引いてしまい、停滞です。
今日、久しぶりに畑に出たら、ジョウビタキが迎えてくれました。
まだ少しだるさが残っていましたが元気づけられました。

2018年01月19日

剪定再開

image139

正月3が日も過ぎたので昨日から剪定を再開しました。
この所、3時のお茶の時間には決まってモズが訪れます。
大石早生の枝に止まって、こちらを見ています。

2018年01月06日

年越し

image138

いよいよ今年も残り一日、スモモの剪定はソルダム、サマービュートは終えましたが、貴陽、秋姫、サマーエンジェルはこれからです。
来年が良い年であることを思いながら、餅をつきました。

2017年12月30日

久しぶりの雨

image137

深夜から明け方にかけて一月ぶりの雨。
更新のため植えた苗には、本当に恵みの雨です。
寒さは一段と厳しくなり、山の2,000m付近は白く雪になっていました。

2017年12月25日

ソルダム剪定枝破砕

image136

ソルダムとアーリーソルダムの剪定が終わったので、剪定で落とした枝をチッパーで砕きます。
砕かれた枝は、畑に散らばし土に還っていきます。

2017年12月17日

太陽 更新

image135

スモモの太陽、衰えた樹の更新で新しい苗を植えました。
藁による寒さ対策や乾燥対策も施しました。

2017年12月06日

田、耕転

image134

全ての稲藁を畑へ持ち出してしまうので、集めてきた落ち葉を撒いてトラクターで耕します。
風が強いと葉っぱが飛んで行ってしまうので、風のない日を狙って作業します。

2017年11月28日

藁切り

image133

稲の藁束を細かく切って、スモモの樹の根元に敷きつめます。
良い有機物のうえ、乾燥防止にも役立ちます。

2017年11月25日

干し柿

image132

11月も半ばを過ぎ、いよいよ寒くなってきたので渋柿の皮を剥いて干し柿を作ります。
風通しの良い作業場の軒に吊し、一月ほどで完成する予定です。

2017年11月16日

にじ

image131

少しですが明け方にかけ久しぶりの雨でした。
畑に出掛けようとした時、朝日が差している西の空には、虹が架かっていました。

2017年11月11日

台風被害

image130

週末毎の相次ぐ台風の強風で、りんごのふじが倒れてしまいました。
1度目は起こして修復したのですが、2度目では根のほとんどが切断され、修復不可能かと思われます。

2017年11月01日

雨ばかり

image129

6月は空梅雨だったのに、9月からは雨の日が続きます。
晴れる確率が高い10月になっても変わりません。
ようやくの晴れ間に畑から富士山を観ると、はっきりと雪化粧。
今日のような日が続かないと農作業がはかどりません。

2017年10月26日

里芋

image128

昨日は塩山で、里芋掘りをしてきました。
来春までには食べきれないほどたくさんなので、凍みないように、穴を掘り稲藁の防寒対策をして埋めておきます。

2017年10月13日

害虫駆除

image127

稲の脱穀を終え、中にいる害虫を駆除するために藁くずを燃やしています。
明日にも稲藁は、スモモ畑へ運び込む予定です。

2017年10月01日

櫨掛け

image126

朝から稲を刈り始め、天日干しのための櫨掛けが終わったときには6時が過ぎていました。

1週間ほど干してから脱穀をします。

2017年09月24日

プロジェクトの梨

image125

マイフルーツ園プロジェクトの梨、1個を収穫してみました。
両手の指が余るほどしか成っていませんが、直径10センチを超える大きな梨です。
初めて穫ったものなので、ご先祖様に捧げてからいただきます。

2017年09月13日

白菜、植え付け

image124

白菜の植え付け後、程良い雨が降ってくれたおかげで、全ての苗が根付いたようです。
ヨトウムシなどに食べられないよう、気をつけて育てます。

2017年09月08日

白菜植え付け準備

image123

まだ8月、夏の盛りですが、冬の鍋に欠かせない白菜栽培の準備です。

2017年08月30日

晩生の貴陽

image121

貴陽の枝変わり(変異)皇寿が熟しました。
普通の貴陽より1ヶ月ほど遅い収穫となります。
2~3年後には、本格的に収穫出来ると思います。

2017年08月26日

稲の花?

image119

今年も盆前に稲の出穂です。
雄しべも出ている伸びてきた穂が花と言うかはわかりませんが、受精して米になることは間違いありません。

2017年08月13日

盆前に草刈

image118

乾いた畑にようやく雨が降ったので一斉に雑草が伸びました。
御盆までには綺麗にしようと毎日草刈です。
1箇所刈り終わると着ているシャツから汗が絞れるくらい、びっしょになります。

2017年08月10日

太陽の収穫

image115

もう少しもう少しと一日延ばしにしてきた太陽、甘みは来ていますが、まだ酸味も強いです。
午後には、台風の影響による雨の予報。乾燥しているところへ大量の雨では裂果してしまうので収穫しました。

2017年08月07日

大きくなった月光

image114

今年初めての月光の収穫を行いました。
例年の1割程度と不作だったので、巨大な月光になりました。
思ったより良いものが出来たので、販売の追加募集も行います。

2017年07月26日

水不足

image113

ひどい空梅雨で川にも申し訳程度の水しかないため、貴陽、太陽の畑に来る水路は完全に干し上がりました。
少しでも救えればと、消毒に使うタンクで水を運び、一本一本に少しずつですが水を掛けました。

2017年07月17日

サマービュート

image112

7月はすももの収穫の最盛期。既に、サマービュート、サマーエンジェル、ソルダムの収穫期を迎えています。
サマービュートは日光が当たると赤くなりますが、成熟すると黄色みを帯びて来るのでそれを目安に収穫しています。
以前は赤くするため、樹の下に光を反射させるシートを敷いたのですが、現在は自然に任せています。

2017年07月15日

草刈

image111

ソルダムに続き、サマービュート、サマーエンジェルの出荷説明会(目合わせ)を9日に控え、畑の草刈をしました。
収穫は、早朝に行うので草が伸びていると朝露で濡れてしまいます。

2017年07月07日

防鳥網その2

image110

貴陽の実が若干色づいてきたので側面の防鳥網を下ろしました。
貴陽は空梅雨による乾燥のため、少ししか成っていないにもかかわらず例年よりかなり小さいです。
ようやく雨が降りました。今からでは例年どおりの生育は見込めませんが、少しでも大きくなることを願っています。

2017年07月05日

古時計復活

image109

50年ほど前に現役を引退し、もう動くことはないと思っていた古い古い時計を整備して貰いました。
作業場で見事に復活です。

2017年06月28日

袋かけ

image108

楽しみに植えてある「りんご」ふじと王林に袋掛けをしました。
ふじには100ほどを掛け終えましたが、お昼になってしまったので王林は中途です。

2017年06月20日

田植え

image104

年に一度の田植え。
一番小さい3条植えの乗用田植機を中古で購入して、初めての作業です。
一年に半日しか使わないので、これで十分です。

2017年06月13日

代掻き

image102

来週に田植えを予定しているので、代掻きをしました。
雨がなかなか降りませんが、田の水路には水があって良かったです。

2017年06月07日

落花生

image101

昨日の風は凄かったです。
笠掛が進んでいたことも有り、相当数のスモモの実が飛ばされました。こんなに落ちたのは初めて、不作のうえに5%くらいが落下してしまい涙です。

今日もまだわりあい強い風が吹いているので笠掛を止め、落花生の苗を定植しました。
当分は、カラスに悪戯されないよう防鳥網で防衛します。

2017年06月03日

交信撹乱剤 設置

image100

直接の殺虫作用はありませんが、フェロモンの特異的作用によって害虫の交尾を阻害することで害虫の発生を抑制するコンフューザーを、貴陽、太陽、サマービュートの園に設置しました。
赤い紐のようなものの中にフェロモンが入っています。

2017年05月26日

防鳥網

image99

貴陽を鳥に食べられないようにするための網を、樹の上に被せました。
熟すのはもう少し先なので、まだ横は開いています。

2017年05月19日

今年は不作

image98

スモモの摘果をしていますが、例年に較べ実が着いていません。
受粉時4月の低温や雨の日が多かったことが影響しているのかと思っています。
1割ぐらいしかない月光を筆頭に、寂しい収穫になってしまうかもしれません。

2017年05月16日

稲苗

image97

簡易なビニールハウスで育てていた稲苗を、田圃の苗間に下ろしました。
田植えまで、ここで育てます。

2017年05月12日

水やり

image96

4月とは打って変わり、本当に雨が降りません。
水路の水も細くなってきています。
流れてくる量を見ながらスモモ畑に水を撒きます。

2017年05月08日

育苗

image95

稲の種を蒔いて、簡易なビニールハウスの中で発芽を待ちます。
ここで育てるのは1週間から10日くらいと短いですが、米になって食べるのは1年間です。

2017年05月03日

ナス苗植え付け

image94

ナス3本、ピーマン3本の苗を植えました。
キュウリは別の畑に植えるので、後日の作業となります。

2017年04月26日

りんごの花

image93

王林の花が咲いたので、ふじに受粉するための花を採ります。
赤い蕾が、開くと白になります。

2017年04月19日

草刈

image92

授粉をしていて草が足に絡みつくほどのびたので、草刈をしました。
雨が降って適当な湿り気が有り、気温が上げればどんどん大きくなります。

2017年04月12日

ひととおり受粉

image91

量は少ないのですが夜から明け方にかけて雨が降る日が多く、なかなかすすまなかった受粉を、ソルダムを最後にひととおり終えることが出来ました。
今日は終了後の気温かあまり上がらず心配なところはありますが、取りあえずは終わって一安心しました。

2017年04月10日

花採りした枝

image90

今日もあまり気温が上がりません。
授粉が出来ないので、花を採るため切ってきた枝を細かく砕きます。
明日からは暖かくなるようです。

2017年04月02日

開花、足踏み

image89

今日は暖かいなと思っても、暖かい日が続きません。
すももの花、開いてきましたが、まだまだ蕾が目立ちます。
ほんとうの春、待ち遠しいな

2017年03月31日

花採り

image88

3月に入ってもなかなか気温が上がりません。
スモモの花も、咲きそうですがなかなかです。
少しだけ採れそうだったので2時間ほどの作業で採ってきた花、水分を飛ばして花粉を取り出します。

2017年03月20日

花粉採り準備

image87

スモモの花芽が白みがかってきました。
花粉を採るため穫ってきた花を乾かすための棚を準備しました。
蚕の幼虫を飼育する平籠の再活用です。

2017年03月16日

花が咲く前に

image85

スモモの花が咲く前にと、田を耕しました。
これで田の草が伸びるのを抑えられます。
花は、あと一週間ほどでしょうか?

2017年03月14日

ウド準備

image84

三月になり気温がマイナスとなる日も減ってきたので、白いウドが穫れるよう籾殻で囲いを作りました。
今月中には食べられるかな

2017年03月04日

春の足音

image83

我が家の庭の福寿草、ようやく花が開きました。
もう少しで3月、日が当たると暖かさが違います。

2017年02月26日

春間近

image82

暖かい日と寒い日が交互に訪れるようになり、スモモの芽が日に日に膨らんできます。
一ヶ月経たずに花が咲き、農作業が始まります。

2017年02月23日

改修

image81

貴陽の改植に併せ、果実を鳥の食害から守るための棚上の支線の改修をしました。
新芽が出てくると引っかけて欠いてしまうこともあるので、芽が膨らまないうちに終えられるよう2月早々から始めましたが、意外に手間取ってしまいました。

2017年02月16日

だるまさん

image80

午後になったら風も強いうえに時雨れてきて寒いので、畑には行かず十日市に行ってきました。
昔と違い食べ物屋さんばかりになってしまいましたが、伝統の甲州達磨を買ってきました。

2017年02月10日

太い枝

image79

太すぎて細かく砕けない枝、積み上げて燃してしまいます。
風の吹かない日の出前から始め、昼前には8割り方、夕には全て燃え尽きました。

2017年02月04日

剪定枝処理

image78

剪定で落とした枝を細かくして土に返します。
最後のサマーエンジェルの枝を処理して、春を待ちます。

2017年02月01日

味噌の仕込み

image77

年に一度行う味噌造り。
自家製の大豆を茹で潰し、麹と混ぜて桶に投げ入れます。
1年後には美味しい味噌になっています。

2017年01月30日

1月中に

image76

立木のサマーエンジェルを最後に、スモモの剪定を今日終えることが出来ました。
いつも芽が膨らんできてしまうのですが、早く終えられて本当に良かったです。

2017年01月29日

立木 サマーエンジェル

image75

棚栽培で最後の秋姫の剪定が午前中で終わり、午後からは立木のサマーエンジェルに移ります。
立木は棚に這わせることがないので、2~3日で終える予定です。

 

2017年01月27日

貴陽 剪定

image74

お正月を迎え仕事に精を出せなかったのか、意外にも日にちが流れてしまいましたが、貴陽の剪定を終えることが出来ました。
棚栽培で残る秋姫の剪定に入ることが出来ます。

2017年01月16日

はじめての積雪

image73

剪定を始めてから、初めての積雪です。
棚は湿っていると誘引する紙紐が切れて作業が出来ないので、今日は立木の大石早生を剪定します。

2017年01月09日

剪定再開

image72

三が日も終わり、今日から剪定の再開です。
体も農作業モードに馴染むには、まだ時間が必要なようです。

2017年01月04日

もうすぐ お正月

image71

お正月を前に、今では年一回となってしまった餅つきです。
あんころ餅や普通の四角い用に一臼、豆餅をひと臼と二臼つきました。

2016年12月30日

サマービュートの剪定

image70

サマービュートの剪定が終わりました。
作業は例年より進んでおり、感覚的には半分以上終わった感じです。

2016年12月26日

剪定枝処理

image69

ソルダムの剪定が終わったので、切り落とした枝を砕いて畑に戻します。

2016年12月19日

防寒対策

image68

今夜から雨が降りそうなのですももの苗を植えました。
植えた苗が寒さに負けないように、わらを巻いて防寒対策も施しました。

2016年12月13日

苗穴堀り

image67

太陽や秋姫などスモモの樹を更新する準備の苗穴を掘りました。

2016年12月12日

落ち葉すき込み

image66

昨日一面に広げた落ち葉を、すき込みました。

すき込むことで、風で飛ばされるのを防ぎます。

2016年12月05日

田に落ち葉

image65

集めてきた落ち葉を田に広げます。
全ての稲わらをスモモ畑へ持ち出したので、集めてきた落ち葉で有機物の補充をします。
その後、トラクターですき込みます。

2016年12月04日

稲わらの覆い

image64

樹の周りに敷いた落ち葉が風で飛び散らないよう、細かく裁断した稲藁で覆いました。
ソルダムは既に葉も落ちているので、剪定を始めます。

2016年11月29日

落ち葉で有機

image63

集めてきた落ち葉を樹の周りに敷き詰めます。
そして、風で飛んでしまわないように稲わらを細かくして落ち葉を覆います。

落ち葉も稲わらも朽ちて、有効な有機物となります。

2016年11月26日

櫛形山展望台

image62

スモモの落葉も進み、紅葉も終わりに近づいています。
櫛形山の展望台から見える富士山は雪帽子をかぶり、すっかり冬景色です。

2016年11月22日

季節はずれのスモモ

image61

秋口に咲いた花が、小さな実になりました。
3センチ足らずですが、形は立派な実です。
ちなみに、ビューティです。

2016年11月17日

色づいてきました

image60

色づくのが例年より少し遅いような気がしますが、伊奈ヶ湖に木々の赤や黄色を写してとても綺麗です。

2016年11月14日

耕し、草かじり

image59

農協に依頼した大型機械での有機肥料の散布が完了し、元肥の散布も終わったので、トラクターの作業機をスパイラルローターに替え、草生栽培をしてきた草かじりも兼ねた、散布した肥料の攪拌を行っています。

2016年11月07日

皮むき

image58

昨日穫ってきた渋柿の皮を剥き、風通しの良い物干し場に吊しました。
一月ほどで食べられるようになるかな?

2016年11月03日

渋柿を穫る

image57

干し柿を作るため、百目柿を穫ってきました。
皮をむいて干すことで、甘い干し柿に変わります。

2016年11月02日

初冠雪

image56

今日は暖かいですが、ここのところすっかり寒くなりました。
富士山も初冠雪です。
畑では来年のための肥料撒きが続いていますが、山は秋の景色に変わろうとしています。

2016年10月26日

あいのう有機散布

image55

すももの葉はまだ青々としていますが、有機肥料の散布を始めました。
立木は手撒きです。

2016年10月20日

稲こき

image54

ようやく稲こきまでたどり着きました。
明日はまた雨の予報です。
櫨架けの道具の片付けも終えることが出来、良かったです。

2016年10月07日

櫨架け

image53

ようやく稲刈りをすることが出来ました。
刈った稲は、櫨架けして天日干しです。

2016年09月28日

配達された

image52

農協から有機肥料が配達されました。
散布は、稲こき後の10月半ば頃になると思います。
明日にも稲刈りをしたいのですが、台風の影響やら雨の日が続いているので作業できません。
来週にはしたいと思っています。

2016年09月22日

白菜植え付け

image51

貰った白菜の苗を植え付けました。
年末までには、しっかり丸まった立派な白菜になることを願っています。

2016年09月07日

白菜の苗

image50

白菜の苗を貰いました。
植える場所の草を綺麗に整理してから植え付けます。
暫くは、あまり大きくならないで

2016年09月02日

秋姫収穫

image49

今までで一番早い収穫開始です。
灌水もしているのですが雨が少ないため、乾燥して、秋姫が全体的に小玉です。
乾燥と暑さのため、熟すのが早くなっているのではないかと思います。

2016年08月20日

稲 出穂

image48

朝は気づかなかったのに、午後には稲の穂がちらほら出ていました。
盆前には、穂が出揃いそうです。

2016年08月09日

太陽収穫前に草刈

image47

太陽の収穫を前に草刈です。
作業がしやすいように樹の下や通り道を刈ります。

2016年08月03日

貴陽の収穫もあと少し

image46

貴陽も残り少なくなり、あと2回ほどで収穫が終わります。
空梅雨気味だったとは言え、梅雨明け前に終わるとしたら珍しいことです。

2016年07月25日

貴陽、糖度調べ

image45

貴陽の出荷打合会が4日前に済んだので、そろそろ当農園の貴陽も収穫できるか携帯用の非破壊糖度計で測ります。
十分なものもありますが、出荷できるほどの数量は無いようなので、初収穫が出来るのは1~2日後ぐらいと思っています。

2016年07月17日

赤く

P1010053

着色のため、日光を反射させる不織布等を樹の下に敷いていたのですが、昨年、日焼けなどの高温障害で相当な被害を受けたので、今年から敷くのを止めることにしました。特にサマービュートは見た目は赤くないため熟していないようですが、例年と同じように糖度は乗っています。

2016年07月12日

網を下ろす

image44

貴陽の地色が少し抜けてきたものが出てきたので、側面の防鳥網を下ろし、全て網で囲われました。

2016年06月30日

ワイヤー交換

image43

自転車のギアを変速するためのワイヤーが切れそうなので、新しいものに交換しました。
これで安心して畑へ乗っていけます。

2016年06月29日

不織布の袋掛け

image42

りんごに不織布で出来た袋による、袋掛けをしました。
害虫による食害や菌による腐れに、効果を発揮してくれると期待しています。
上手くいくと応用範囲は広いのではと、考えています。

2016年06月27日

笠、掛け終わる

P1010037

今月初日から始めた笠掛、ようやく掛け終わりました。
かけた数が、昨年より少なかったです。

2016年06月19日

田植え

image41

種蒔きから1月以上経ち、苗も20cm近くとなってきたので朝から田植えとなりました。
昼までには植え終わりませんでしたが1時近くまでかかって終えることが出来ました。

2016年06月10日

一日、代掻き

image39

午前中の半日で終えるつもりの代掻きに、1日かけてしまいました。

2016年06月02日

摘果

image37

2回目の摘果が終わりました。
後は笠掛けをしながら調整します。
笠掛は明日から始めます。

2016年05月31日

コンフューザー

image36

取りあえず、1回目のスモモのおろ抜きが済んだので、貴陽と太陽にコンフューザーを取り付けました。
ビニールの赤い紐のようなものの中に性フェロモンが入っていて、シンクイ虫の交尾を連続的に阻害し、その発生を抑制するものです。

2016年05月26日

苗間へ

image34

ビニールハウスで育成した稲の苗を苗間へ下ろしました。
水が張られた苗間で、田植えまでに丈夫な苗に。

2016年05月16日

早朝から網張り

image33

貴陽が熟した時に椋鳥などに食べられないよう、樹の上に防鳥網を張りました。
風が吹かないうちにと5時30分頃から作業を始め11時頃に完了しました。
横は、実がいる頃に設置してある網を下ろします。

2016年05月14日

種蒔

image32

稲の種蒔きをし、新たに購入したビニールハウスの中で苗に育てます。
ある程度伸びたところで、苗間に下ろします。

2016年05月04日

発芽

image31

カボチャの芽がようやく出てきました。
始めたばかりの摘果、最初の秋姫に苦闘する日々が続いています。月が変われば他の品種に手を付けられそうです。

2016年04月30日

りんごの花

image29

スモモの花のほとんどは、咲き終わりました。
りんごの花は、ほぼ満開。富士に王林の花粉で受粉です。

2016年04月16日

初の草刈

image28

暖かくなるのに比例して大きくなってきた畑の草、受粉も概ね終わりに近づいてきたので、今年の草刈が始まりました。

2016年04月09日

合間の花見

image27

10時頃には雨がやみましたが花が乾かず受粉が出来ないため、午後から花見に出掛けました。
山高神代桜を初めとする実相寺の桜は、見事です。前景の水仙とのコラボレーションもすばらしかった。

2016年04月04日

受粉 その後

image26

スモモの受粉を始めてから10日が経ちます。
大半は満開を過ぎ、一番早い秋姫は葉っぱが出てきました。
概ねの受粉は終えていますが、貴陽だけは花の期間が長いので、もう少し続きます。

2016年04月03日

受粉

image25

今日は、風もあまりないうえ気温も高く受粉日和です。
10時からお昼をはさんで2時過ぎまでお手伝いしてもらいました。

2016年03月30日

花採り

image24

受粉に使う花粉を採るために、ハリウッドの枝を切ってきて花を採ります。
この花の葯から花粉を取り出します。

2016年03月21日

花採り準備

image23

暖かくなるとともにスモモの芽もほころび始め、あと少し、彼岸には咲き始めると思われます。
採ってきた花を乾かす棚の準備をしました。

2016年03月17日

籾殻をウドに

image22

今年も、白くて柔らかく、長い味のあるウドが穫れるように籾殻を被せました。

2016年03月13日

大きな根、太枝の焼却

image21

畑の隅に置いておいたチッパーでは割けない太い枝や更新のために抜いた大きな根を、焼却しました。
早朝から始め、夕方までには、ほとんどが灰となりました。

2016年02月29日

剪定枝を還元

image20

剪定した枝は、細かく砕いて土に戻します。
5cm程度まで処理できますが、それ以上は無理なので焼却します。

2016年02月19日

剪定、終わる

image19

スモモの剪定を、ようやく終えることが多出来ました。
帯状疱疹などで二週間も遊んでしまいました。

まだ痛み止めを飲んでいますが、作業は出来るようになって良かったです。

2016年02月16日

貴陽剪定終える

image18

ようやく貴陽の剪定を終えることが出来ました。
あとひと踏ん張り、秋姫とサマーエンジェル、大石早生を片付けなければ!

2016年02月02日

味噌造り

image17

県内自家製の大豆で、手前味噌造り。
妻ほか○○三姉妹は、暖かいなかで今日の作業を終えることが出来ました。

2016年01月28日

大雪警報

image16

大雪警報が出ていましたが、明け方まで雨でその後雪となったため大して積もらず良かったです。
帯状疱疹で畑に行けないのに、大雪だったら、更に剪定が遅れるところでした。
しかし、乾燥には良いお湿りになりました。

2016年01月18日

貴陽 剪定始まる

image14

今日から本格的に貴陽の剪定を始めました。
一週間ほどかかると思います。

2016年01月10日